詩人高村純の日記です


by jtakamura95jp

新人賞入選の日

詩を書いて2作目で新人賞に入選した。
2400通の応募の中から、だから嬉しかったことは間違いない。

しかしそれほどの感動も無かったのは事実で。
中学生の時に取った、全国作文コンクールの方が
ずっとずっと嬉しかった思いがある。

作文コンクールの方は、いつも私だけ残されて、
先生が着きっきりで作文の「推敲」をさせられた。

先生も何か必死だったのは子供ながらに分かった。
きっと、全国レベルに大化けすることを、先生も分かっていたのだろう。
もちろん、私にはそんな気配はまったく感じられず、
何が何やら分からないままに推敲しまくった覚えがある。
銀賞を伝える女性の声は、今でもはっきり覚えている。

初めての新人賞入選『いのち』は、詩を書いて2作目の作品だった。
たった2作で、1作目は佳作を取っている。
なんだか、あっけない。そんな感じだった。
推敲の日々を費やした中学のときの方が
ずっとずっと充実感があった。
黒いロングコートを着て、夜な夜なススキノに出入りしてた
19歳の時のことである。

特に誰に話すのでもなく、一緒に喜んでくれる人もなく、
その日は何となく過ぎていった。
私にとっては、それほどの感動もない、当たり前の一日だった。

時代はバブルになろうとしていた。
そこから、金稼ぎの詩が始まっていく。
しかし、金のためではない、小手先でもない、
この初めての新人賞入選作品は、
いまだに、私にとっては宝物である。

荒稼ぎの時代が終わり、自分なりの詩を書こうと思った時、
私はこの時代の詩に戻っていったのである。
[PR]
by jtakamura95jp | 2005-11-07 12:56 | 詩人という生き方