詩人高村純の日記です


by jtakamura95jp

歪んだ正義感①


今明け番の起き抜けにテレビを見ていたら、「ザ・スクープ」という番組で
「御殿場事件」という事件の詳細をやっていた。

御殿場事件とは、一人の少女が、昔の知り合いに集団でレイプされたと
訴え出た事件である。
結局はその少女が嘘をついていたことが分かったのであるが、
「事件は別の日だった」と言い出し、それが認められて
当時少年であった被告4人に懲役2年の1審判決が下った。
現在、控訴中である。

その「別の日」には雨が降っていたのだが、
少女は「降っていなかった」と言った。
日本気象協会が「降っていた」と言っているものも裁判官は無視し、
少年たちに有罪判決を下したのである。
「裁判所は事実を捻じ曲げようとしている」という気象協会の言葉が辛らつである。

昔少年犯罪の最前線で彼らと向き合っていた私だから、強く思う。
大人は、こういうことをしてはいけない。

目先の下らない自分の正義感や、意地を振り回して、自分だけ気持ち良くなって
正義感面して、ありもしない事件を作り上げてはいけない。

なぜなら、こういう冤罪が起こると、必ず、本当にやった他のレイプの犯罪に
多大なる影響が出るからだ。

訴えでた女性が疑われたり、冤罪だと主張するケースが爆発的に増えるだろう。
他の同類の事件への影響を考えて、合理的な判断を下せない裁判所は、
もはや裁判所ではない。

この事件は、裁判所が感情論に走った裁判である。
悪ガキどもがしたことと、という先入観がある。
2転3転する少女の言葉に、下らない正義感でお付き合いしている裁判所が
滑稽でもある。
なぜそれが、他の多くのレイプ事件の本当の被害者を、さらに傷つけることに
気付かないのか。

すでに、少年たちの自白調書が嘘であること、合理的客観的嘘があることで、
この事件は終わっている。
ズルズル先延ばしをしたがために、マスコミの知るところとなり、
多くの人が知るところとなった。

悪ガキだから悪いことを何でもする、というのは間違いだ。
彼らはちゃんとバイトをして、稼いでいた。
残業して、夜10時まで働いていた記録も残っている。

裁判所に入るまで、働いたことも無い世間知らずの裁判官などに、何が分かる。
[PR]
by jtakamura95jp | 2005-12-18 15:57 | 随想